渡辺武子先生の命の学習会に行ってきました。

生まれてきた訳は?産んだ訳は?と聞かれ…

さだまさしの「いのちの理由(わけ)」という曲が流れ、歌詞に目頭が熱くなりました。


幸せになるために生まれてきたそうです。


5歳の子が、「しあわせって合わせっていうから、合わさっていればいいんだと」
家族、周りの人と重なり合っている事を幸せと、その子なりに受け止めているみたいです。

輝いている大人を見せる事がたいせつ。


思い通りにならないのが人間関係だと。

寂しいを満たされる悪の方に流されないよう大人が学習させる。

決断力を育てよう 生き抜く力を育てよう。

失敗するのは、自分だけじゃない。


私なんて生まれて来なければ良かった。と絶対に言わせない親になりたいと思いました。


 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.sachi-c.com/mtcgi/mt-tb.cgi/137

コメント(1)

子供は、大人を見てるんですよね~。

大人だって、そんなにかっこよく生きてるわけじゃないし、失敗もする。

「家族を大切にする事、許しあう事」が、実は一番試される  事かなと思います。

コメントする

このブログ記事について

このページは、【個性心理學GIFU支局】中村が2011年11月11日 23:08に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「料理教室開催のお知らせ」です。

次のブログ記事は「母として出来る事…」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。