ストレスとのつきあい方が人生の質を変える

ストレス社会と言われて久しいです。

 

そのストレスの中でもとりわけ人間関係のストレスが、一番人と人を傷つける原因です。

 

「あの人は私のことを分かってくれない」

「なぜ、傷つく話し方をするのだろう」

 

相手の気持ちが分からないために、心に少しづつ膿を貯めてしまっていませんか?

 

相手がわからないからストレスになる。

 

そしてもっと言えば、ご自分のことが分からないからストレスをさらに貯めてしまっているのかもしれません。

 

個性心理學はこうした自分と他人の「人間性」、もっと言えばキャラクターを分かることでストレスが大幅に低減するのです。

 

自分と相手のキャラクターが分かると、ストレスが減る?

 

その理由は、アキラメがつくから。

 

「あの人はこういうキャラクターだから、こんな言葉遣いになるんだ。でも案外サッパリしてるのよね。」

 

こんなことが客観的に分かっていれば、いちいち腹を立てることもなくなるのです。

 

本当かなぁ、と思われますよね。

 

次回のブログでまた書いていきますね。

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.sachi-c.com/mtcgi/mt-tb.cgi/258

コメントする

このブログ記事について

このページは、さちコーポレーションネット担当が2012年6月27日 15:57に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「」です。

次のブログ記事は「夏休み!親子のストレスをなくします個性心理學ミニセミナーを開催しました」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。